カードローン審査の調査隊

どんどん便利になるカードローンの申込

カードローンの申込み手続きは以前に比べると、どんどん便利になっています。現在では融資金額が一定の金額以内に収まる場合は、支払能力を証明するための収入証明書の提出が不要となっています。
収入証明書が不要というは、消費者金融のカードローン、銀行のカードローン、どちらにも当てはまりますが、収入証明書の提出なしに利用できる借入金額については異なっています。
消費者金融のカードローンに関しては、貸金業法の規定により50万円以上の借入れを行う場合、あるいは複数の借入を合わせた金額が100万円以上の場合には、収入証明書を提出する決まりになっています。
貸金業法の適用外である銀行のカードローンに関しては、各社それぞれの基準に従って、収入証明書の提出の要・不要が決まっています。一般的にいって、銀行のカードローンでは100万円以内までの借入に関しては、収入証明書の提出不要というものがほとんどです。

銀行カードローンも便利

収入証明書の提出というのは、とくに難しいわけではありませんが、証明書を発行してもらうために申請を行ったり、書類を取り寄せたりと、面倒なことに変わりはありません。一定の金額内の借入れであれば、これが省略できるというのは確かに便利です。
消費者金融のカードローンの規定では、50万円以上の借入、あるいは他社からの借入との総計が100万円以上の場合には収入証明書を提出しなければなりません。50万円の借入ではとても間に合わないという方にお勧めなのは、銀行のカードローンです。
銀行のカードローンの中には、200万円以内、あるいは300万円以内の借入であれば、収入証明書の提出不要というものがあります。また銀行のカードローンというと、これまでは審査に時間がかかりすぎる、審査基準のハードルがやや高いなどといった印象がありましたが、最近では最短で即日融資も可能、サイト上ですべての手続きを完了させることが出来るなど、手軽で便利に使えるものもどんどん増えています。

Copyright© カードローン審査の調査隊 All Rights Reserved.