カードローン審査の調査隊

主婦はカードローンを利用できるか

近年、カードローンを利用する人が急増してきました。そんな中で主婦層も急にまとまったお金が必要になることも多くなりました。
ここである疑問が浮かびます。果たして、それほど多額の収入のない主婦、あるいは全く収入のない専業主婦がカードローンでお金を借りることができるのかという疑問です。
お金を借りる以上は、必ず返済できるだけの能力が証明できなければなりません。しかし主婦はそれほど多額の収入を得ている人ばかりではないでしょうから、そのような場合、貸金業者でお金を借りることは不可能ではないのでしょうか。
結論から言いますと、不可能ではありません。例えばパートやアルバイトをしている主婦であれば、額は大きくなくても毎月安定した収入があるとみなされます。もちろん、その額に応じて利用限度額が決まりますので、大口の融資は期待できないかも知れませんが、融資自体は可能です。
また、専業主婦の場合、夫婦の借入額合計が、配偶者の年間収入の3分の1以内であれば大丈夫です。

学生はカードローンを利用できるか

学生は果たしてカードローンを利用できるのでしょうか。これも結論から言えば可能です。なぜなら、アルバイト収入が毎月安定してあれば、融資を受けられるのです。
ただし、やはり学生のアルバイト収入はそれほど多額ではありませんし、社会的身分という点でも、貸金業者から見れば、お金を貸すことにかなりのリスクを負わなければなりませんので、一般に学生のカードローンは、少額であり、短期であり、高金利であることが多いですが、これはやむを得ないことでしょう。
最近は、学生を支援するためのカードローン商品が様々に用意されていますので、学生であっても気軽に貸金業者に借入を申請できるような時代になっています。
また、これを逆手に取るならば、無職の人であっても、学生になってしまえば、こうしたカードローンの利用などができるのです。例えば、放送大学などに入学して学生の身分を取得するのであれば、講座ごとに授業料を支払うだけですので、それほど多額の授業料は必要ありません。
ともかく、学生もカードローンは利用できるのです。

Copyright© カードローン審査の調査隊 All Rights Reserved.