カードローン審査の調査隊

給料が支払われずアイフルへ…

これは私が初めてカードローンを利用したときの体験談です。
私は30代男性、ショットバーの店員をやっています。
店員といっても時給制の所謂アルバイトです。
でも、将来は自分のお店を開きたいので、今は修行中だと思って接客やカクテルの作り方、お店の経営などを勉強しています。
お店は繁華街の一等地にある素敵なお店なんですが、その分家賃も高く、店長は月々のランニングコストだけでヒーヒー言っています。
バイト代は安かったけど、お金を稼ぐことが本当の目的ではないので、お金のことでは一切文句は言いませんでした。
しかし先日遂に給料をカットされてしまいました。
それは前月の売上が低く、従業員に支払えるお金がない…とのことでした。
私はこれも仕方が無い、と納得しましたが足りなかった分の給料は翌月に補填して貰うことを約束しました。

約束したのは良いのですが、当月の給料があまりにも少なく、家賃を払ったらもうほとんど残らない様な状況でした。
人を頼るのも嫌なので私はアイフルのカードローンを利用することにしたのです。

初めての審査にドキドキしました

カードローンを利用するのは生まれて初めてだったので、申込みから緊張しました。
私は社会経験が乏しいので、年収の計算の仕方から何から全てアイフルの方に聞きながら記入しました。
私は世間一般からしたらフリーターという扱いになるそうです。
そうなると借入できない可能性も高くなるようです。
確かに定職に就いているわけでもない輩に社会的信用が有る筈ありません。
申込みが終わると、審査に時間を頂きます。と言われて、その日は帰宅しました。
私は何となく体丈夫だろうと思っていましたが、時間が経つに連れて段々と不安になって来ました。
借入できなかったら危ない闇金からしか借りられないのかな…とネガティブな思考になってしまいます。
結局は翌日の昼過ぎにアイフルから審査が通ったとの連絡が来たのでホッとしたのですが。
私はとりあえず5万円アイフルで借入しました。
現実的な月々の返済額を考えると5千円〜1万円が限界なのでそれを踏まえて借入しました。
未払の給料もあるのでそれが入れば殆ど返済できるのですが…アテに出来ません。
こういうことがあると早く自分のお店を持ちたいなぁ…と考えてしまいます。
今月から返済が始まるのでキッチリと計画的に返して行く予定です。

Copyright© カードローン審査の調査隊 All Rights Reserved.
<<グループサイト>>
キャッシングならhyena7.com